起源(オリジン)

インド、ビハール州の地図

マドバニペインティングは、インドのビハール州に伝わる

伝統的な絵画です。マドバニと呼ばれる村を中心に、
女性たちによって描かれていました。
約千年程の間に、限定された地域で受け継がれてきましたが、
その絵画は現在も、千年程前の手法とほぼ同じように描かれています。
伝統的な手法では、土で出来た家の壁に描かれていました。
現在では、手作りの紙や布などにも描かれるようになりました。

伝統的な画材: 

 自然界にある草や木、花を材料にして描いています。

 

 

 

 

特徴: 

マドバニペインティングは「愛」や「平和」を主にテーマにし

自然界にある太陽や月、花や動物などモチーフに描かれています。
また、結婚式や裁判の様子など、特別な 状況が描かれている

作品も見られます。

通常、空白の部分はほとんどなく、花や鳥、動物や幾何学模様

細かい線で描かれています。